高槻市社会福祉協議会の概要・事業内容・啓発活動などの情報を掲載しています。

アクセス

講座・イベント情報

ブログ

Facebook

社協だより(福祉たかつき)

会員(組織・住民・賛助)

求人情報

リンク

富田認定こども園

お問い合せ

社会福祉法人 高槻市社会福祉協議会 〒569-0065 高槻市城西町4番6号
TEL:072-674-7496
FAX:072-661-4901       【受付時間】月曜~金曜 8:45~17:15
(土・日・祝日・年末年始は休み) 

 

>
>
CSWの部屋

CSWの部屋  ☆私たちコミュニティソーシャルワーカーです!☆

今までのCSWブログのアーカイブはこちら!

 

2022年11月28日(月)No.176

若松地区の福祉のまちかど相談に参加しました

こんにちは、コミュニティーソーシャルワーカー(以下CSW)のどれみです。

今回は若松地区福祉委員会の「福祉のまちかど相談(以下「まちかど相談」)」へ地区福祉委員会担当職員と行きました。

まちかど相談とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設し、地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。

若松地区のまちかど相談ではふれあい喫茶の中で行われています。ふれあい喫茶とは、地区福祉委員会が運営しているカフェタイプのサロンで、地域に住む多世代の人々が気軽に参加できます。

この日はいきいきサロンも開催されており、皆さん音楽に合わせて体を動かしていました。参加者の方からは「家にいても体を動かすきっかけがないからここで体を動かしていい運動になっている」とのお声もありました。

 

 いきいきサロンの様子です

 

 

  

         ふれあい喫茶の様子です

 

今回相談はありませんでしたが、まちかど相談では地域の方の悩み事だけでなく、近況など日々のちょっとしたお話も伺っています。

次回の若松地区のまちかど相談は、1219日(月)10001200で、CSWも伺う予定です。

 

また、まちかど相談の場所以外でも相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

 

2022年11月28日(月)No.175

12月の暮らしの総合相談センターについて

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下「CSW」)のすみれです。

高槻阪急6階にある「暮らしの総合相談センター」をご存知でしょうか?

高槻市社会福祉協議会のCSWが毎週金曜日の13時~16時に巡回し、日常のちょっとした悩みや心配ごとについて、相談に応じます。(相談無料・秘密厳守)

今月は「悩み事がある」と言って来所され、お話を聞きながら気持ちの整理のお手伝いをさせていただきました。「子育てに自信がない」、「漠然と老後に不安を抱えている」、「遠く離れている家族や親戚のことが心配」等、何からどうすればよいのかわからないことについて、一緒に考えながら、解決につながるお手伝いをします。

買い物ついでに、ちょっとしたことでも大丈夫です。

 

12月は2日、9日、16日、23日が開催予定日ですので、相談があるときは、ぜひお立ち寄りください。

2022年11月24日(木)No.174

「堤地区の福祉のまちかど相談に行きました!」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下CSW)の「ひまわり」です。

11月15日()に堤地区で実施された福祉のまちかど相談(以下まちかど相談)の巡回に行ってきました。

 まちかど相談とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口です。地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設し、地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。

 

今回のまちかど相談では相談はありませんでしたが、ふれあい喫茶にはたくさんの方が参加されていました。

参加者の方に、地域で開催している活動をお聞きしたり、CSWとは何をしている人なの?と質問して下さいました。帰りには「また来てね!待ってるよ!」とお声がけいただき、地域の方々の温かさに嬉しく思いました。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

次回、堤地区のまちかど相談巡回予定は、12月20日()10:30~11:30となっており、CSWも伺う予定です。また、今回のまちかど相談以外でも日々の生活の困りごとや悩みごとなどの相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

 

2022年11月24日(木)No.173 

竹の内地区の福祉のまちかど相談に行きました!」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下CSW)の「ひまわり」です。

11月14日()に竹の内地区で実施された福祉のまちかど相談(以下まちかど相談)の巡回に行ってきました。

 「まちかど相談」とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設しています。地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや市役所や関係機関などの専門機関の紹介を行う事業です。

 

今回のまちかど相談では相談はありませんでしたが、参加者の方から「いつも来ていたAさん調子が悪くて先月からお休みされているの」とお話いただくことがありました。このお話から、ふれあい喫茶をはじめとする地区活動に参加することで、お互いに見守り合いができる場所あるということが素敵だなと思いました。

ぜひ、ご友人やご家族と一緒にふれあい喫茶や地域の活動にご参加ください!

日々の生活のなかで、どこに相談したらいいかわからない時は地区福祉委員会やCSWに気軽に問い合わせしていただき、一緒に解決に向けて考えていきたいと思います。

 


 

 

 

 

 

 

 

 


次回、竹の内地区のまちかど相談巡回予定は、12月12日()14:30~15:30となっており、CSWも伺う予定です。また、今回のまちかど相談以外でも日々の生活の困りごとや悩みごとなどの相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

 

2022年11月24日(木)No.172

「津之江地区の福祉のまちかど相談に参加しました!」

 

こんにちは、コミュニティーソーシャルワーカー(以下CSW)のはまちです。

今回は津之江地区福祉委員会の「福祉のまちかど相談(以下「まちかど相談」)」へ行きました。

まちかど相談とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設し、地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。

津之江地区福祉委員会では津之江北町自治会館にて「ふれあい喫茶」を毎週月曜日に実施しており、その中で第3月曜日に「まちかど相談」を実施しています。

今回は「今日は予定があるから時間が取れないけれど、今度CSWに相談してみようかな」という方がいらっしゃったので、連絡先をお伝えしました。参加者の方とお話してCSWを知ってもらい、必要な時に相談窓口の一つになれば嬉しいです。

次回の津之江地区福祉委員会のまちかど相談は、12/19の月曜日9時30分から1030分です。

 

また、まちかど相談の場所以外でも相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

2022年11月18日(木)NO.171
コミュニティボランティア定例会を開催しました!

今回のコミュニティボランティア(以下「コミボラ」)定例会では「ハイフン~みんなの和~」(以下「ハイフン」)の事業所体験コーナーの試作品づくりをしました。

コミボラとは、私たちコミュニティソーシャルワーカー(以下「CSW」)の活動をお手伝いしてくださるボランティアさんです。

12月のハイフンで作成するということもあり、少しお正月を意識した作品にしてみようということで、絵馬としめ縄リースの2種類を試作しました。試作品ではありますが、個性溢れる素敵な作品がたくさんできました。

           

その後、どちらを次回のハイフンで採用するか、追加で用意が必要な材料はあるか、どんな事前準備が必要かなどについて意見交換を行いました。「もっとお正月らしい飾りがあったほうがいい」、「ハイフンではお喋りしながら作品作りをしたい人もいるだろうから、もう少し事前準備をしておかないと時間内に終わらないかもしれない」とハイフンへ参加される方が楽しんで作品を作れるようにコミボラの皆さんからたくさんの意見が出されました。

さて、どちらの作品が採用されたかは…次回のハイフンをお楽しみに!(12/20 14時~地域福祉会館3階研修室にて開催予定です)

なお、今回の定例会で作成された試作品は12月のハイフンで見本として活用させていただく予定です。

ちなみに、2種類ともコミボラの皆さんからはとても好評だったので、今回採用されなかった作品も1月以降のハイフンで登場する予定です。楽しみにしていてくださいね。

次回のコミボラ定例会は1/19(木)14時から開催予定です。

 

ご興味がありましたらぜひご参加ください。

 

 2022年11月18日(木)NO.170

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下CSW)の「りぼん」です。

11月17日()に北大冠地区で実施された福祉のまちかど相談(以下まちかど相談)の巡回に行ってきました。

 まちかど相談とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設し、地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。

今回特に相談はありませんでしたが、多世代にまちかど相談等地域の福祉の情報が広く行き渡るようにSNSを活用した情報発信を始められました!

地域の情報をその都度配信することで、地域の方が参加しやすい居場所づくりにつとめられています。

気になる相談等もSNSを通じて気軽にできるようになったらいいですね!

 

よかったらおともだち登録お願いします!

 

次回、北大冠地区のまちかど相談巡回予定は、1月19日()14:00~15:00となっており、CSWも伺う予定です。また、今回のまちかど相談以外でも日々の生活の困りごとや悩みごとなどの相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

 

 

2022年11月16日(水)No.169
「11月のハイフンを開催しました」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカーのみかんです。
私たちの活動の一つに「ハイフン~みんなの和~」という居場所づくり事業があります。
ひきこもりや発達障がいの当事者の方や、ご家族などが、ゆったり過ごしていただけるサロンです。
毎月第3火曜日の14時~16時に、市地域福祉会館で開催しています。
 
ハイフンではゲームコーナーや資料コーナー、カフェコーナーなど、思い思いに過ごしていただけるよう様々なコーナーを用意しています。
中でも、事業所体験コーナーは、障がい者事業所や就労支援事業所などでの作業体験や、手芸や工作などを通して交流することを目的とした、ハイフンでも人気のコーナーです。

10月の事業所体験コーナーでは、少し早いですがクリスマスカード作りをしました。 
塗り絵を切り抜いてカードにしたり、シールやリボンを使ったり、それぞれ工夫をこらして作りました。先月「塗り絵が楽しかった」というお声もあったので、複雑なクリスマスの塗り絵もご用意しましたところ、何人かチャレンジしてくださいました。
    

 
↑この複雑な塗り絵は靴下の絵なのですが、実は靴下がちゃんとそろうようになっているらしく、それを意識して塗られている方もいました。「うちの洗濯物こんなんやわー」と笑い声も聞こえ、楽しく作業できました。

来月は12月20日(火)14時~16時で開催予定です。
皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

2022年11月16日(水)No.168

「コープこうべ様よりお米を寄贈していただきました」

 

こんにちは。コミュニティーソーシャルワーカー(以下CSW)のどれみです。

1110日、コープこうべ様より私たちCSWが行う食品預託払出事業に役立ててほしいと、お米を44kg寄贈頂きました。コープこうべ様では「お米を贈ろう助け合い基金」を設けておられ、今回もその基金を活用して定期的にお米を提供頂いています。当日はお米を受け取ると共に、コープこうべ様とお米の活用状況を情報交換させていただきました。

 


 

生活に一時的にお困りの方に食品をお渡しする「食品預託払出事業」では、払出の相談や皆様からの寄付の受付を行っています。日々の生活の困りごとや悩み事がありましたら、お気軽に相談ください。

 

 

高槻市社協 地域共生推進課 相談支援チーム(072-674-7494

 

 

2022年11月14日(月)No.167

「富田地区の福祉のまちかど相談に参加しました!」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下CSW)の「はまち」です。

イチョウが色づいてきて、季節の移り変わりを感じる今日この頃です。

11月8日()に富田地区で実施された福祉のまちかど相談(以下まちかど相談)の巡回に行ってきました。

 「まちかど相談」とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設し、地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。まちかど相談では地域の方の悩み事をお聞きするだけではなく、近況や昔のことなど日々のちょっとしたお話しもお伺いしています。また、ふれあい喫茶とは地区福祉委員会が運営しているカフェタイプのサロンで、地域に住む多世代の人々が気軽に参加できる地域の居場所の一つです。

 

 今回も相談に来てくださった方がいました。何ができるかを一緒に考え、少しでも解決に向かうお手伝いができるよう対応させていただきました。引き続き連絡を取り合って今後の対応を考えていくことになりました。

まちかど相談では日々の生活の困りごとや悩みごとはもちろん誰に相談したらいいか分からないことまで、何でも気軽にご相談ください。 

次回の富田地区のまちかど相談巡回は、12月13日()10:00~13:00です。また、今回のまちかど相談の場所以外でも相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

2022年11月11日(金)No.166

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下CSW)の「りぼん」です。

11月10日()に大冠地区で実施された福祉のまちかど相談(以下まちかど相談)の巡回に行ってきました。

 まちかど相談とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設し、地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。

今日は特に相談はありませんでしたが、警察の方が4名お見えになり、喫茶に来られている方に「詐欺被害」の注意喚起をされていました。喫茶に参加されている方は幸いにも詐欺被害に合われた方はいませんでしたが、近所の方で不審な電話があったと話されていました。電話を受けた方はすぐに地区福祉委員会に相談され、事無きを得たと安堵されていたようです。この話を聞かれた地区福祉委員会の方は「日頃から顔の見える関係を作っている私たち(地区福祉委員会)にとって、地域のつながりがこういったところで役に立ってうれしい」と話されていたのが印象的でした。

 

 

次回、大冠地区のまちかど相談巡回予定は、11月24日()10:00~11:00となっており、CSWも伺う予定です。また、今回のまちかど相談以外でも日々の生活の困りごとや悩みごとなどの相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

 

 

2022年11月11日(金)No.165

「寿栄川添フェスティバルに行ってきました」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカーの「ソルティー」です。113日(木)に寿栄小学校のグラウンドで実施された「寿栄川添フェスティバル」に行ってきました。

 

「寿栄川添フェスティバル」では様々なパフォーマンスや催し、野菜や手作りの小物などを販売する模擬店やバザーなどが行われていました。イベントでは受付で検温を行い、参加者にはマスクの着用をお願いするなど、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を意識して行われていました。イベントには朝から多く方が参加され、あまりの人気で午前中に完売してしまうところも多かったようです。会場内は多くの参加者で賑わい、イベントの従事者、参加者共にとても活気があり、楽しんでおられるように感じました。皆様の楽しそうな様子を拝見し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、ここ数年地域でのイベントも中止になることが多い中、今回のお祭りを心待ちにされている方が多くおられたのではないかと感じました。

当日は天候に恵まれ、快晴でした。

タッピーとはにたんも参加しており、2人の周りには人だかりが絶えませんでした!

 

2022年11月4日(金)No.164

「桃園地区の福祉のまちかど相談に行きました」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下CSW)の「どれみ」です。

10月26()に桃園地区で実施された福祉のまちかど相談(以下まちかど相談)の巡回に地区福祉委員会担当の職員と行ってきました。

 まちかど相談とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設し、地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。桃園地区のまちかど相談はふれあい喫茶の中で行われています。ふれあい喫茶とは地区福祉委員会が運営しているカフェタイプのサロンで、地域に住む多世代の人々が気軽に参加できます。

当サロンでは、地域の方が音楽をかけたり脳トレプリントを用意してくださっており、ゆったりコーヒーを飲んだり、脳トレに悪戦苦闘したり皆さん思い思いに過ごされていました。

また、参加者の方からは「一人暮らしだと人と話をする機会も少ないので、こういった地域の居場所があることはとても嬉しい」というお声もありました。

 

まちかど相談は悩み事や困りごとの相談を受けるだけではなく、地域の方の思いや興味を知ることができ、CSWにとっても良い刺激になっています。

 

困りごとはすぐに解決できないかもしれませんが、一緒に考えていきたいと思いますので、ちょっとしたことでもぜひ気軽に相談ください。

 

11月は祝日、12月は年末でふれあい喫茶がお休みのため、次回の桃園地区のまちかど相談巡回予定は、令和5年1月25()14:00~15:00となっています。CSWも伺う予定です。また、今回のまちかど相談以外でも日々の生活の困りごとや悩みごとなどの相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

 

 

 

2022年11月2日(水)No.163

11月の暮らしの総合相談センターについて」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下「CSW」)のソルティーです。

高槻阪急6階にある「暮らしの総合相談センター」をご存知でしょうか?

高槻市社会福祉協議会のCSWが毎週金曜日の13時~16時に巡回し、日常のちょっとした悩みや心配ごとについて、相談に応じます。(相談無料・秘密厳守)

「子育てに自信がない」、「漠然と老後に不安を抱えている」、「遠く離れている家族や親戚のことが心配」等、何からどうすればよいのかわからないことについて、一緒に考えながら、解決につながるお手伝いをします。

買い物ついでに、ちょっとしたことでも大丈夫です。

 

11月は4日、11日、18日、25日が開催予定日ですので、相談があるときは、ぜひお立ち寄りください。

 

2022年11月2日(水)No.162

「寿栄川添地区の福祉のまちかど相談について」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカーの「ソルティー」です。10月20日(木)に寿栄川添地区で実施された福祉のまちかど相談(以下「まちかど相談」)の巡回に行ってきました。

まちかど相談とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設しています。地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてコミュニティソーシャルワーカー(以下「CSW」)や地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。

寿栄川添地区のまちかど相談は、ふれあい喫茶の中で行われています。ふれあい喫茶は、地域に住む多世代の人々が気軽に参加でき、お茶等を飲みながら隣り合わせた人と自然な情報交換や悩みを共有できる仲間をつくる場として、地区福祉委員会が運営するカフェタイプのサロンです。寿栄川添地区のふれあい喫茶はパーテーションでひとりひとりのスペースが分けられているなど新型コロナウイルス感染症の感染予防対策も行われており、参加者はリラックスした雰囲気で過ごされていました。 

 

今回のまちかど相談では、多くの方にお声がけいただき、皆様の近況報告等を聞かせていただくことができました。CSWやまちかど相談をもっと多くの方に知っていただき、皆様の身近な相談窓口になればと思っております。そして相談を通して、ご相談くださった方々の不安が少しでもなくなれば幸いです。相談は年齢や内容等問わず、お受けしておりますので、どなたでも気軽にご相談ください。

次回寿栄川添地区での巡回予定は、11月17日(木)10:30~11:30です。また今回のまちかど相談以外でも、日々の生活の困りごとや悩みごとなどの相談を受け付けていますので、高槻市社会福祉協議会CSW(072-674-7494)まで気軽にお問い合わせください。

 

 2022年10月28日(金)No.161

「芝生すこやかテラスで巡回相談を開催しました!」

 

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下CSW)の「はまち」です。

 10月20日に芝生すこやかテラス(老人福祉センター)でコミュニティボランティア(以下「コミボラ」)と一緒に、CSW事業の一つである「巡回相談」を開催しました。

「巡回相談」とはCSWが地域活動の場に出向き、日常生活の悩みごとや心配ごとの相談を行っている事業で、コミボラは私たちCSWの活動をお手伝いしてくださるボランティアさんです。

当日は、ペットボトルキャップを利用した「マグネット手作り体験」も実施しました。マグネット手作り体験を楽しみに来てくださる方や、友人に誘われ緊張した様子で来られる方と様々でしたが、「参加してよかった」という声を複数いただきました。また、自身の終活や公道に関連したご相談が2件ありました。

参加されたコミボラの方からは「楽しかった。たくさんの人が参加してくれて嬉しかった。」と感想をいただきました。

 また地域の様々な場所でも「巡回相談」を開催し、気軽に相談できる場を作るとともに、市民の皆さんにCSWを知っていただきたいと考えています。開催が決まりましたら、ホームページでもお知らせいたしますので、ぜひご参加くださいね。

巡回相談では日々の生活の困りごとや悩みごとはもちろん誰に相談したらいいか分からないことまで、何でも気軽にご相談ください。

次回のすこやかテラスでの巡回相談は、12月を予定しています。また、巡回相談の場所以外でも相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

 

2022年10月26日(水)No.160

「第3回ハイフン家族教室を開催しました」

 

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカーのどれみです。

10月17日に第3回目のハイフン家族教室(以下家族教室)を開催しました。

家族教室は、ひきこもり当事者の家族が対象で、年間5回実施する教室を通して、ひきこもり当事者との関りをみんなで考える会のことです。

この日は家族教室第3回目で、講師にメンタルワークス大阪の岡崎先生をお招きし、CRAFT(クラフト)※について講義をしていただきました。

特にひきこもりの定義や概念について詳しく説明され、参加された方からは「堅苦しさがなく、話が理解しやすい」「子どもとのコミュニケーションについて少しわかった」との声がありました。

 

第4回の家族教室は、12月19日(月)14時~地域福祉会館3階研修室で行います。

次回はそれぞれの家庭状況をお話されたり、支援機関からの情報を交換する交流会を予定しています。

第4回からの申し込みも受け付けていますので、高槻市社会福祉協議会 地域共生推進課(072-674-7494)まで気軽に問合せください。

 

 

 

※「CRAFT」とはコミュニティ強化と家族訓練のことで、ひきこもりの若者支援において活用が期待されている考え方です。

 

 

2022年10月21日(金)No.159
「10月のハイフンを開催しました」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカーの「みかん」です。
私たちの活動の一つに「ハイフン~みんなの和~」という居場所づくり事業があります。
ひきこもりや発達障がいの当事者の方や、ご家族などが、ゆったり過ごしていただけるサロンです。
毎月第3火曜日の14時~16時に、市地域福祉会館で開催しています。
 
ハイフンではゲームコーナーや資料コーナー、カフェコーナーなど、思い思いに過ごしていただけるよう様々なコーナーを用意しています。
中でも、事業所体験コーナーは、障がい者事業所や就労支援事業所などでの作業体験や、手芸や工作などを通して交流することを目的とした、ハイフンでも人気のコーナーです。

10月の事業所体験コーナーでは、ハロウィンアートをしました。 
紙を切り抜いて、マスキングテープや色紙を貼ったり、ペンや色鉛筆で塗ったりして、たくさんの個性的なカボチャやオバケができました。
 
初めてハイフンに来てくださった方も参加して、お互いの色合いや工夫を褒め合ったり、みなさん和気あいあいとお話されていました。「こういう作業は癒される」「家でしようと思っても、他のことが気になってしまうので、ここにきてやれるのがありがたい」といったお声もあり、私たちも嬉しかったです。

作った作品はお持ち帰りいただいたのですが、社協にくださった方の分は、10月末まで窓口に飾っていますので、また来られる機会があったら探してみてくださいね!

来月は11月15日(火)14時~16時で開催予定です。
皆様のお越しをお待ちしております。


2022年10月18日(火)No.158

「大阪よどがわ市民生協様から食品をいただきました。」

こんにちは。コミュニティーソーシャルワーカー(以下CSW)の「はまち」です。

高槻市社会福祉協議会(以下高槻市社協)ではCSW事業の一環として平成29年から「食品預託払出事業」(フードバンク)を行っています。経済的な事情で、食品が必要な方やそのような方に支援を行う団体に対して、必要に応じて食品の支援をするものです。

先日、吹田市にある大阪よどがわ市民生協様まで食品をいただきに行きました。

 

大阪よどがわ市民生協様では地域への貢献事業の一環として、返品されてきた食品など、子ども食堂や社会福祉協議会(以下社協)など様々な団体に提供されています。当日は他市社協の方も来られており、担当者の方はとてもお忙しそうでした。高槻市社協でも食品預託払出事業開始時よりこの事業にご協力いただいており、パックご飯、カップ麺、缶詰などを定期的にいただき、経済的な事情で食品が必要な方やそのような方に支援を行う団体に対してお渡ししています。

生活に一時的にお困りの方に食品をお渡しする「食品預託払出事業」では、払出の相談や皆様からの寄付の受付を行っています。日々の生活の困りごとや悩み事がありましたら、お気軽に相談ください。 

高槻市社協 地域共生推進課 相談支援チーム(072-674-7494

 

 

2022年10月13日(木)No.157

「富田地区の福祉のまちかど相談に参加しました!」

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下CSW)の「はまち」です。

10月11日()に富田地区で実施された福祉のまちかど相談(以下まちかど相談)の巡回に行ってきました。

 「まちかど相談」とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設し、地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。まちかど相談では地域の方の悩み事をお聞きするだけではなく、近況や昔のことなど日々のちょっとしたお話しもお伺いしています。また、ふれあい喫茶とは地区福祉委員会が運営しているカフェタイプのサロンで、地域に住む多世代の人々が気軽に参加できる地域の居場所の一つです。

 今回は相談に来てくださった方がいました。「話ができて心が軽くなりました」と、その後もふれあい喫茶で参加者とコーヒーを飲みながら楽しそうに過ごされていて嬉しかったです。

その他、ふれあい喫茶には友人同士で来られる方、一人で読書をしながら過ごされる方、多くの参加者が来られ賑わっていました。

まちかど相談では日々の生活の困りごとや悩みごとはもちろん誰に相談したらいいか分からないことまで、何でも気軽にご相談ください。

 

次回の富田地区のまちかど相談巡回は、11月8日()10:00~13:00です。また、今回のまちかど相談の場所以外でも相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

 

 

2022年10月11日(火)No.156

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下CSW)の「ひまわり」です。

10月6日()に南大冠地区で実施されたふれあい喫茶に地区の担当職員と共に参加しました。南大冠地区のさくら公民館では先月より福祉のまちかど相談(以下まちかど相談)が開設されたため今回もその周知を行いました。

 「まちかど相談」とは地区福祉委員会が設置する身近な相談窓口で、地域のふれあい喫茶等のサロン会場にて開設し、地域住民の困りごとの相談を受けて、必要に応じてCSWや地域包括支援センターなどの専門機関の紹介を行う事業です。まちかど相談では地域の方の悩み事をお聞きするだけではなく、近況や昔のことなど日々のちょっとしたお話しもお伺いしています。また、ふれあい喫茶とは地区福祉委員会が運営しているカフェタイプのサロンで、地域に住む多世代の人々が気軽に参加できる地域の居場所の一つです。

  

 

今回も皆さん楽しくお話しされている様子でCSWも楽しい時間を過ごさせていただきました。まちかど相談では日々の生活の困りごとや悩みごとはもちろん誰に相談したらいいか分からないことまで、何でも気軽にご相談ください。

 

次回の南大冠地区のまちかど相談巡回は、12月1日()14:30~15:30です。また、今回のまちかど相談の場所以外でも相談を受け付けていますので高槻市社会福祉協議会・CSW(072-674-7494)まで気軽に問合わせください。

 

 

2022年10月6日(木) No.155

「大阪よどがわ市民生協様から食品をいただきました。」

 

 こんにちは。コミュニティーソーシャルワーカー(以下CSW)の「どれみ」です。

高槻市社会福祉協議会(以下高槻市社協)ではCSW事業の一環として平成29年から「食品預託払出事業」(フードバンク)を行っています。経済的な事情で、食品が必要な方やそのような方に支援を行う団体に対して、必要に応じて食品の支援をするものです。

先日、吹田市に本部がある大阪よどがわ市民生協様まで食品をいただきに行ってきました。

大阪よどがわ市民生協様では地域への貢献事業の一環として、返品されてきた食品などを子ども食堂や社会福祉協議会など様々な団体に提供されています。高槻市社協でも食品預託払出事業開始時よりこの事業にご協力いただいており、パックご飯、カップ麺、缶詰などを定期的にいただき、経済的な事情で食品が必要な方やそのような方に支援を行う団体に対してお渡ししています。

 

 生活に一時的にお困りの方に食品をお渡しする「食品預託払出事業」では、払出の相談や皆様からの寄付の受付を行っています。日々の生活の困りごとや悩み事がありましたら、お気軽に相談ください。

 

 高槻市社協 地域共生推進課 相談支援チーム(072-674-7494

 

2022年10月3日(月) No.154

「10月の暮らしの総合相談センターについて」

 

こんにちは、コミュニティソーシャルワーカー(以下「CSW」)のすみれです。

高槻阪急6階にある「暮らしの総合相談センター」をご存知でしょうか?

高槻市社会福祉協議会のCSWが毎週金曜日の13時~16時に巡回し、日常のちょっとした悩みや心配ごとについて、相談に応じます。(相談無料・秘密厳守)

9月もいくつかの相談が寄せられ、「遠方に住んでいる高齢の兄弟のことが心配で・・・」「高齢で子供たちの世話にならない元気なうちに施設で生活を始めたいのだけど・・・」という内容の相談がありました。

その他にも「子育てに自信がない」、「漠然と老後に不安を抱えている」、「遠く離れている家族や親戚のことが心配」等、何からどうすればよいのかわからないことについて、一緒に考えながら、解決につながるお手伝いをします。

買い物ついでに、ちょっとしたことでも大丈夫です。

 

10月は7日、14日、21日、28日が開催予定日ですので、相談があるときは、ぜひお立ち寄りください。